賃貸アパートの概要について

賃貸アパートとは、毎月の賃料を納めることで住居として借りることができる集合住宅のことをいいます。
賃貸マンションが鉄筋コンクリート造であるのに対して、賃貸アパートの多くは木造となっています。
物件によっては、契約時に敷金や礼金を支払うことが義務付けられている場合があります。
また、入居時にはあらかじめ決められた審査に合格する必要があります。
多くの場合、身元を保証するために1名以上の保証人を立てることが求められます。
賃貸アパートの建物の構造は2階建てが一般的となっています。
最近では、メゾネット構造になった物件も登場しています。
貸主が個人の場合は、間に不動産業者が入って借主との連絡を行うことになります。
その場合には、不動産業者に仲介料を支払う必要があります。

賃貸トラブル

京都 ホール

貸事務所 京都

東大阪市 土地

大阪狭山 一戸建て

関連menu

更新情報

ボックス画像1

賃貸アパートとは、賃貸契約に基づいて成り立つ、区切られたいくつかの住宅がある集合住宅を意味します。<

賃貸アパートについて学ぶ

ボックス画像2

賃貸アパートとは、賃貸契約に基づき他人にアパートを貸し出すことを目的にした住宅のことです。

賃貸アパートについて

ボックス画像3

賃貸物件は、固定資産税を払う必要がなく、転勤が多い人などにとってはとても使いやすい物件です。

賃貸アパートについて

ボックス画像4

賃貸アパートの経営を希望する人が増えているとされています。
その希望者の多くは、現役サラリーマ

賃貸アパートの大家になる

Copyright© 賃貸アパート All Rights Reserved.

賃貸アパートの概要について